7つの習慣ー公的成功・自己鍛錬

前の記事に7つの習慣の私的成功についてご紹介させていただきました。

私的成功の次は公的成功についてご紹介致します。

公的成功とはなにか、
それは個人だけではなし得ない 社会的成功への一歩であると私は考えます。

社会的成功とはいえ、本当に7つの習慣で紹介しているのは、
主体的な人同士で相乗効果を生み出すべく、
相互依存の関係をつくることであると言います。

では、公的成功をつかむための3つの習慣をご紹介します。

Win-Winを考える

この言葉は、双方に利益が出ることを考えるとなります。

この言葉は広く知られている言葉で、
多くの自己啓発本や企業の考え方に記載が有ると思います。

しかし、7つの習慣で説明されている内容で、
本当に重要な内容は実際には Win-Winを考える。

またはNo Deal (取引しない)。 と続きます。

これは、常にお互いに利益がもたらされるわけではないということです。

そのため、どちらかが損害を被るのであれば、
あえて取引しないという選択肢を持つことが重要となります。

私の場合、友人との旅行でこの経験があります。

お互いに旅行をしたいと考えていたのですが、
私はダイビングでアクティブに、
友人はマッサージ等でゆっくりしたいと 双方に両極端のプランを考えていました。

お互いの意見を尊重した上で楽しめるところはどこか、と考えたところ、
サイパンに行くことにしました。

私は朝早くからダイビングのため出かけますが、
友人はその間はゆっくり休み、
その後マッサージしにいくという 全くの別行動を同じ旅行で行っていました。

しかし、私がダイビングから帰ってきたとき、
友人もマッサージから戻ってきて、
一緒に買い物をして夕食を楽しむことができたため、
お互いにとって最高の旅行となりました。

このようにお互いのやりたいことを尊重した上で
双方がやりたいことを出来るための解を探すことで、
お互いに悔いの残らない経験が出来る等、
Win-Winを考えることはとても重要です。

同じようにこの考えを実生活でも実践することで、
人間関係もより豊かになり 充実した人生を歩めることだと私は考えます。

理解に徹して、理解してもらう

次に理解に徹して、理解してもらうという習慣です。

これは、人間誰もが承認欲求を持っており、
みんな理解されたいと願っているところからきています。

しかし、逆に誰もが持っている欲求のためそれを満たすためには
自身を抑えて相手を理解することをまず優先させることとなります。

これは別の多くの本でもよく記載されている内容ですが、
相手のことを理解するためには、まず相手の話を聞くことから始まります。

意外と簡単なことのように思われがちですが、
コヴィー博士によると
人は他人の話を聞くときに自分の経験談を重ねて聴くため
以下の4つの反応をしがちだと言います。

1.評価:同意か反対か
2.探る:自分の視点からの質問
3.助言:自分の経験からの助言
4.解釈:自分や行動を元に相手の言動を「勝手に」解釈

これらの自身の色眼鏡・考えを通してでなく相手の話を しっかりと聴くためには、
相手の話を遮らず、自分の意見を押し付けず、
相手のことをしっかりと聴いて理解することが重要だと言います。

私自身、相手の話をよく聴いている「つもり」でも
実際には相手が言いたいことを しっかりと受け止めれていなくて、
誤解が生じることがこれまでも多々有りました。

しかし、私の妻がこの習慣に長けていることに気づきました。
夫婦で知人と会食したときに話が続くため、
何がきっかけで話を続けることが出来るのかを少し静観していたところ、
知人の話を聴くことために、いろいろな相づちや言い回しをつかい
話をつなげて相手の話を聞き出していることが分かりました。

そこには、相手の話の深堀(質問)や拡大(展開)等をすることで
相手に話をさせることがすごいうまいです。

相手の話に身を傾けることで、相手に話をさせる。
相手が話をすることで、相手の話を聴くチャンスが増え、
相手を理解する機会が増えるため、相手からの信頼を得ることが可能となります。

相手からの信頼を得るためにまずは相手のことを理解する、
相手の話をしっかりと聴くことから初めて行くことかと思います。

シナジーを造り出す

第6の習慣はシナジー(Synergy)を生み出す。

シナジーとは相乗効果により、より良い物を生み出すこととなります。
この効果を造り出す大前提条件となることは、双方が主体的であることとなります。

公的成功をおさめるためには、各自が私的成功をおさめている必要が有ります。
しかし、このシナジーという言葉はよく耳にするかと思いますが、
実際にはどのようなことなのか、これは実際に体験してみないと分からないかもしれません。
コヴィー博士によると、シナジーを造り出す関係をつくるには、
それこそWin-Winの結果を互いに導きだすため、
互いが互いを理解し合うことが必要であると述べています。

理解し合うためには、互いの「違い」を尊重し、新たな案を一緒に導きだすこととなります。
私自身、シナジーを造り出すことはあまり出来ていないかもしれませんが、
夫婦の関係ではこれが出来ているのかと感じることが有ります。

私は理系で、理論や細かいことにしつこい性格ですが、
妻は、文系で理論より感情や芸才に富んだ考え方をし、感情に物事をよく訴えてきます。

そこで我々のシナジーの関係は旅行の計画を立てる時に発揮します。
私は大まかな旅程をくむことが得意で、
妻はどのようなところに行く、どのような景色や情景を見れるのか、考えるのが好きです。

そこで、妻が考えている物を元に、最大限のゆとりを持った旅程をくみ二人でよく旅行に行っています。

すこし分かりにくいかもしれませんが、お互いの良いところを見いだし、
最大限の協力した上での解を導くことで、お互いに満足のいく結果を出すことが出来ることだと
私は考えます。

以上、これらの3つの習慣を体得することで、
公的成功、相互依存の関係を築くことが出来ると7つの習慣では言われています。
しかし、公的成功をおさめるためには、何度も書いていますが、
私的成功なくしては得られないため、日々の心のあり方はすごく重要だと
私自身に言い聞かせています。

最後に、第7つ目の習慣について簡単に述べたいと思います。
第7つ目の習慣は、刃を研ぐ、すなわち自己鍛錬となります。

これまでの6つの習慣にて私的成功・公的成功を収めたとしても、
周りを見渡せば、さらに上の世界が広がっていることが見えてきます。

そこで、次のステップ・ステージに向かうためには自己鍛錬は欠かせません。
例えば、私は新入社員のときに自社のこと含めて、業務の遂行の仕方等
多くのことが分からず右往左往していましたが、
2年、3年、と続けていくうちに、自分の業務の遂行の仕方に加えて、
周りの業務や業務の流れ、さらには今後の活動計画等がどんどん見えてきました。
このように次のステージが見えてくる時に、その場に立ち止まっていては、
何も進化を生みません。

そのため、自らを奮い立たせて次のステージに向かって努力をすることは
重要だと7つの習慣でコヴィー博士は言っています。

私自身、まだまだ出来ていないことが多いのですが、
この7つの習慣を参考に人生を楽しむために、日々努力していきたいと考えています。

長い間、おつきあいいただきありがとうございます。
7つの習慣については、他の書物も有りますので、
それらについてはまた後日別の記事にしたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

7つの習慣− 私的成功

7つの習慣の根幹とも言える内容について紹介したいと思います。

その前に、7つの習慣について簡単に<こちら>に説明していますので、大枠を知りたい場合はご参考ください。

また、7つの習慣に入る前に原則について理解していただきたいと思います。

この7つの習慣は、物事の原則にそって書かれておりますので、この原則の概念はとても重要になります。

その原則とは、すべての物事には原因と結果が有るということです。

当たり前のことですが、例を挙げると

一般的な作物は、春に種をまき、夏に水やりなどの世話をすることで、秋に収穫が出来る。

逆に、春に種をまかなければ収穫は出来ないし、夏に世話をしなければ枯れてしまう。

このような原則が実は私たちの生活の中にも存在することを認識することが重要だとコヴィー博士は伝えています。

また、この7つの習慣も例のように順序が有ります。どれを飛ばしても次に進むことは難しいため、必ず一歩ずつ進めていくようにしてほしいとあります。

 

さて、前置きが長くなりましたが、7つの習慣の第1部『私的成功』について紹介します。

この私的成功をつかむためには以下の3つの習慣を体得することとなります。

  • 主体的になる
  • 終わりを描くことから始める
  • 最優先事項を優先する

それぞれの習慣について簡単に紹介しますと

1) 主体的になる

すべての因果関係は自分の行動・言動であることを理解し、自分の感情等はすべてコントロールすることが出来ると考えることとなります。

別の言い方では、自分の感情は、自分で選択することが出来るということです。

何かをしたとき、されたときに、自分でその言動や行動に対して、
喜ぶ・怒る・哀しむ・楽しむを選ぶことが出来るということです。

普段の仕事をするときにもこの習慣は必要だと言えます。

なぜ、○○さんは××をしてくれないんだろう。と
周りの環境に『反応的に』考えるのではなく
××をするためには、○○さんにどのようにお願いしたらやってくれるのだろうと
自分から『主体的に』考える必要が有ります。

我々は人の言動はコントロールすることも出来ないし、人の感情も操ること歯できませんが、自分自身の言動や感情は変えることが出来ます。

このように主体的になることで、人に振り回されることなく、自分の感情にも振り回されることなく、進むことが出来ると思います。

もちろん、簡単には出来ませんが、人や環境に責任を求める前に、今の自分自身で出来ることを見つめ直すことで、もっとより高いステージに行けると思い私自身行動をしているつもりです。

2)終わりを描くことから始める

何事にもゴール(終わり)を見据えてから始めることとなります。

コヴィー博士は、人は一度は頭の中で想像し、そして現実的に創造する
2度創作するステップを踏んでいる言っています。

実際に、目標を達成したときを思い浮かべて行動を始めることで
重要なこと、優先すること、やらなくてはいけないこと、等道筋が見えてきます。

実際に私自身がこの本を読む前にやっていたことなのですが、
読んだ後にしっくり来た体験を簡単に説明します。

私は、プロフィールにも書いてある通り、アメリカの大学を卒業しました。

多くの方が思うように、
アメリカの大学は入学は簡単だけど卒業は難しいと言われています。

しかし、学費が高いため、親に迷惑をかけれないと考え、
出来るだけ早く卒業して親の負担を軽減しようと思いました。

その中で私が考えたことは、

1.卒業までに必要なものなにか、最短で卒業するために必要な教科は何か

2.選択科目の中で、自分の興味のある分野は何か 、
どの教科・科目を卒業までにとりたいか の

2点について入学してすぐ考え始め、
卒業までのカリキュラムを大まかですが自分なりにつくりました。

それから、実際に授業を選択する際に授業の時間が被った場合は、
卒業に必須な授業>とりたい授業の順番で考え
都度カリキュラムを組み直していたところ、
実に3年半で無事に卒業することが可能でした。

このように、終わりを考えて行動することで自分が何をやりたいのかが明確になり、
やりたいことに向かって自分の行動を考えることが出来ました。

3)最優先事項を優先する

ここで重要なことは、本当に重要なことは何かを見据えた上で行動することとなります。

コヴィー博士は優先事項を4象限にて分けています。

1. 緊急性が高く 優先度が高い
2. 緊急性は低く 優先度が高い
3. 緊急性が高く 優先度は低い
4. 緊急性は低く 優先度も低い

この中で、我々が日々の業務を進めていく中で多くを占めているのは
緊急性が高いが優先度が分からないものではないでしょうか?

例えば、上司から緊急だからやってもらいたい、や
同僚・クライアントから緊急だから明日までにお願い。 など
私自身も多々身に覚えが有ります。

ただし、この中で本当に重要な物は、
緊急性は低いが優先度が高いもので有るとコヴィー博士は考えております。

では、この優先度は何を基準につければ良いでしょうか?

それは先程の第2の習慣にある「終わりを描いてから始める」にあるとおり
最終目的・目標を基準に考えることとなります。

先程の大学卒業までのロードマップを例を挙げますと、
私の最終目的は「早く卒業すること」でしたので、
その目的に向けて、優先度の高い授業から自分のカリキュラムを作り出したことで、
結果3年半で卒業することが出来ました。

 

 

以上、私的成功をおさめるための3つの習慣について説明させていただきました。

私自身、まだまだこの習慣が完全には身に付いていませんが、
まずはこの習慣を身につけて
成功するための身の「あり方」を精進していきたいと思います。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

7つの習慣− パラダイムの転換

こんにちは

以前、ご紹介させていただいた『7つの習慣』は読んでいただけたでしょうか?

もしまだ読んでいないという方は、<こちら>をご参照ください。

7つの習慣について、大まかなまとめを紹介させていただいております。

 

さて、7つの習慣を進めていくにあたり、とても重要なことが有ります。

それが『パラダイムの転換』となります。

 

多くの書籍等で出てくる、『パラダイム』とはなんなのか?

このパラダイムについて何が重要なのか?

今回は、このパラダイムについて詳しく紹介していきたいと思います。

 

そもそも、パラダイムとは何か。辞書を引いてみると以下のように書いてあります。

  1. ある時代に支配的な物の考え方・認識の枠組み。規範。「企業は新しいパラダイムを必要としている」
  2. 語学で、語形変化の一覧表。

出典:デジタル大辞泉

このままだとよくわかりませんよね。

もっと7つの習慣では、もっとシンプルに書いてあります。

何か物事を見るときに私は、現在の私の感情等をふまえた上で世界を見ています。

7つの習慣には、ニューヨークの地下鉄での出来事を例にあげています。

車内は静かで平和そのものだった。そこに突然、一人の男性が子ども達をつれて乗り込んできた。子供達は大声で騒ぎだし、車内の平穏は一瞬にして崩れた。男性は私の隣に座り、目お閉じていた。。。。

私は苛立ちを抑えようにも抑えられなかった。。。。

私は精一杯穏やかに、男性に忠告した。

と、ここまでは、いきなり車内の平穏を壊した男性に対しての苛立ちという
「私」の感情からの視点を書いているが次の文では

男性は目を開け、子どもたちの様子に初めて気づいたかの様な表情を浮かべ、そして、言った。「ああ、そうですね・どうにかしないといけませんね。。。。病院の帰りなんです。一時間ほど前、あの子達の母親が亡くなって。。。これからどうしたら良いのか。。。。あの子達も動揺していんのでしょう。。。

とあります。

ここで、一気にこれまで見えていた車内の子ども達に対する見方・捉え方が大きく分かったことに気づいたとあります。

と、これは本の一部の抜粋と有りますが、このように今まで見ていた物を別の視点から見ること、とらえることをパラダイムの転換となります。

では、なぜこのようにパラダイムの転換が7つの習慣をする上で重要になるのか

それは、今までの自分が見ていた世界の視野を広げて、より広く、遠くから、または別の視点を持つことで、物事の捉え方が変わることを意味しています。

7つの習慣では、このパラダイムの転換がかなり重要となります。

なぜならば、答えは必ず一つとは限らないからです。

そこでパラダイムの転換をすることで、それまでに描いていた答えとは全く別のさらに良い答えを導き出すことに繋げることが出来るからです。

私自身の経験では、日本に来ている海外の方と話すときに相手が日本語で話してきているのにも関わらず英語で対応してしまう傾向に有ります。

しかし、実際に自分が海外に行ったときに、現地の言葉で話しているのにも関わらずつたない日本語で返されたときすこしショックを受けた反面、自分自身も同じ様なことをしていたことに気づかされました。

私は、知らず知らずのうちに、外国の方は日本語が話せないから英語で対応しなくては。という色眼鏡をつけたまま接していることに気づき、またそのときにどう感じるかを実際に経験したことで気づかされました。

もちろん、モノの見方や考え方は、人それぞれで違うことが多いですが、自分だけの意見・見方岳で話しているだけでは真の解決を導くことは難しいと思います。

より良い答えや意見を見いだし遂行していくことが、生きていく上で重要となることをこの原点であるパラダイムの転換にて紹介させていただきました。

次回は、いよいよ7つの習慣の本質に迫っていきたいと思います。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

7つの習慣

自己啓発の金字塔と言われる本、『7つの習慣』について紹介します。

日本国内でも100万部以上売れているため、
既に読まれた方も多いかと思いますが、“生き方・あり方”の原則・原理が記されています。

この本を読んだ私の率直な感想は、
人生を楽しむために必要なエッセンスが書かれています。
この本を読めば、どのように自身を成長させ、
人生を楽しむための人間関係を構築するか
自身で考えながら行動できるようになっています。

この本の著者はフランクリン・コヴィー博士。

アメリカの大学教授であったコヴィー博士は
人生を本当に充実させるために必要な要素はなにかと考え、
研究した内容をまとめています。

この本では、

  • 自分にとって成功とはなんなのか、
  • どうすることで真の成功・幸せを見つけることが出来るのか

について記載されています。

特に重要な事は、この本では小手先のテクニックではなく
原則に基づいた考え方を学ぶことができ
自分自身の成長だけでなく、周りとの調和をとりながら
成功することが描かれており、
真の成功とは何かを具現化することが出来ると私は考えています。

この本は大きく分けて以下の4部構成となっています。

  • 習慣を考えるにあたりの基礎知識:パラダイム(ものの捉え方)の転換
  • 主体的な習慣・依存関係からの脱却
  • 相乗効果を最大限に生かす、相互依存の関係
  • 自己鍛錬

これらの4つの構成をさらに細かく、段階的に説明することで
自らのステージを理解しながら、さらに次のステージに行くための
道しるべになると言えるでしょう。

この本を読んでいて、私自身は素直に受け入れることが出来たのですが、
妻は全く理解できないと言っていました。

なぜ、このように捉え方が違うのかを考えてみたところ、
私の身近にこの習慣を知らぬ内に取り入れていた人がいたことが分かりました。

それは、私の父親です。

私の父は誰の話もしっかりと聞き入れることで、話の中心にいるような人でした。

子供の意見も笑わずに聴き、また会社主催の家族参加のパーティーでも部下の人とも話をしっかりと聴いている姿を今でも覚えています。

このような父の背中を見てきたため、
私自身はこの習慣を素直に受け入れることが出来たのかと思います

また、7つの習慣を実生活に取り入れることで、
私自身の人間関係はさらに良くなってきたと思います。

今まで以上に夫婦で話をする時間を持つことが出来、
またそれによってさらにお互いの理解が深まりました。

 

ただ、私の妻を例に、この7つの習慣は元々英語の本を翻訳した物ですので、
英語翻訳っぽさや文化の違い(日本とアメリカ)が有るため、少し読みにくいかもしれません。

 

私なりの解釈やどのような場面でどのように使えるのか等は
実体験を元に今後さらにさらに詳しく書いていきたいと思いますが、
長くなりそうなので、今回はここまでにしておきます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ごあいさつ

はじめまして。当ブログに足を運んで頂き誠にありがとうございます。
当ブログ管理人のとしです。

近年、技術の進化や働き方の変革により、
いろいろと自己改革が求められている時代に入ってきました。

私自身、自己啓発・自分の成長のため、と様々な書籍を読んだり、
セミナーに参加したりと自己啓発関連を学んでいます。

しかし、いろいろと学んでいくうちに、学ぶこと自体が目的となってしまい、
全然アウトプットをしていないことに気づきました。

読んだ内容を思い出す為に読み直すことも重要ですが、時間は有限ですので、
自分自身のメモ書きも兼ねて当ブログを開設しました。

このブログでは、私自身の成長のために読んでいる書籍や
参加したセミナーの感想を中心に書き記していきたいと思います。
また、読んだ本やセミナーの内容を自分なりにまとめた記事も書いていく予定です。

Self Enlightenmentの名が示す通り、
自己啓発を通じていろんな人のお役に立てれたら良いかと考えております。

カテゴリー: 未分類 | コメントする